ルールとは何なのか


今日、外を歩いていてふと思ったことがある。

信号機ってなんだ?

国道に交わる交差点で交通量の少ない脇道が絡む場所。
横切る車はほとんどない。
しかし国道沿いの多くの車が交差点で止まっている。

この状況を見てこれは一体何なんだと思わないでしょうか?

もちろん殆どの人は信号機が赤だから車が止まっているのでは?と若干苛立って叫ぶ事だろうが、私が言っているのはそんな事ではない。

信号機が付いている事によって本来の目的に沿った交通の循環が達成されているのか?という事を言いたい。

おそらくその市職員(か誰かは知らないが)が信号機を付けようと決めたのだろう。
しかしそのせいでその交差点から渋滞が始まってしまっている。

それは本来なんのためにある物なのか?
現代人はその理由について考えた事があるのだろうか。

信号機は他人に迷惑を掛けるいい加減な一部の人間の所業を無理矢理封じ込めるためのものである。
ルールを決めないと損害を生み出してしまう存在がいるという事である。

それによって本来対象となっていない人たちが大半である。
彼らはその報復をあるがまま無差別に受ける事になってしまう。

これが生きにくい社会を生み出してしまう原理ではないだろうか?

 


最初にも言ったが、横切るものがない交差点で止まり続ける車が溜まるこの状況を見て何も気にならなくなったら人間としての理性が失われつつあるかもしれません。

それは分かってもらえると思う。

人間が生きていく上で信号機なんて言ってしまえば不要だろう。

しかし日本だけでなく、世界中に信号機が切迫して設置されている。

これは全て人間にルールを定着させて民間人を支配してしまえという策略である事に気がついていただきたい。

あなたにも気づいてほしい。
普段見かける光景は本当に存在して正しいものなのか、を…。

「お金を払わないと食べ物も住む場所も着るものも与えられないのはなぜなのか」

「飛行機の搭乗一時間前に空港を目指さないと予定した飛行機に搭乗できないのはなぜなのか」

「残業をしてまで仕事を完遂しないといけない理由、期限が過ぎるだけでなぜあんなに怒り狂った上司が現れるのか」

「化粧しない女性はおかしい…?なんで?」

「時間を守らないだけでペナルティを与えられるのはなぜなのか」

「学校で意味もない知恵を詰め込まれ、そのテストで成果を出した人間しか裕福な世界に行けない理由はどう説明してくれるのか」

 

そしてこの記事を書いたが、一方の事も考えてほしい。

「なぜあなたは他人のものを勝手に盗もうとしているの?」

「自分さえよければ他人の権利を奪う事も厭わない神経は何なの?」

「道端に平気でごみをポイポイ投げ捨てる人何なの?」

「子供を野放しにした挙げ句、親の言うことを聞かなくなったら全部学校の指導のせい。それ、あなたたち親のせいでしょ?」

 

こんな事だらけ、世の中おかしな事で溢れています。

それでもあなたはその世界に沿って生きようと思うのですか?

人との関わりが少ない人が最近増えていると聞きます。

彼らは疾っくの疾うに気づいているのです。

 

この世界おかしいだろ

 

他人と関わらないというか、世界に交じる事で人間性が破壊されてしまう事が分かっているからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください