Freeformation Action Map Editor 開発雑記

先日から作成していましたゲーム開発用のツール「マップエディタ」の制作がひと段落着きました。

実は今回の開発がまともなソフトウェアとしての成果物だったりするんですね。

いかにして今まで適当にプログラミングを行ってきたかという事なのですが…

まあそれは良しとして、今回ソフトウェアを開発した感想を述べてみようと思います。

続きを読む →

【オブジェクト指向】クラスの設計について考える

割と長いプログラミング経歴の中で大半を手続き型言語と歩んできた身としてはオブジェクト指向概念の“クラス(Class)”の構造には大変悩みます。

オブジェクト指向プログラミングにおいて「クラス」という定義の存在があります。

この「クラス」に関する説明も技術書や解説ウェブサイトによって様々なのですが、
よくある例えが、

続きを読む →

コーディング規約について考える

今回はコンピュータ・プログラミングにおけるソースコードのリファクタリングについてお話してみようと思います。

私は現在プログラマーなのですが、元々個人的なプログラムスキルを持ってのみ業界に入ったので、色々な事実を目の当たりにするシーンが多々あります。
その中でも特に、プログラミング(コーディング)に関するルールがこの世界共通で存在している事が分かってきました。
これは一般的に言うと「コーディング規約」と呼ばれたりしているようです。

続きを読む →

現在制作中のロックマンアプリケーションver0.01について

実装する項目一覧は以下通りです。

現在の予定ではありますが、おおつね実装予定です。

  1. ロックマンの挙動(スライディング・ダッシュ[ジャンプ]以外はロックマン2の移植)
  2. 接触判定
  3. 画面スクロール(横方向・縦方向・縦横固定スクロール・八方・自動スクロール)
  4. はしご
  5. 滑る床・点滅ブロックなどのステージギミック(実験実装)
  6. BGM(ファミコン音源4ch分)
  7. サウンドエフェクト(ロックマンの動作関連他)
  8. メットール・スナイパージョーなどの敵キャラクター(実験実装)
  9. ルート分岐
  10. 回復アイテムなどのアイテム(実験実装)

リリース時期については未定です。
またある程度進行したら情報共有します。

【.NETアプリケーション】Visual Basic:TableLayoutPanelで悩んだお話

しばらくゲーム開発に集中しますので、ブログはその手のネタがきつくなります。

一応お知らせという事で。


アクションゲームに限らず、マップを構築する際に全てのマップを脳内変換しながら数値を打ち込むという事は私には出来なかったので、Visual Basicを使って専用のマップエディタを作成しています。

その中でこんな問題に突き当たりました。

続きを読む →

【プロジェクト】ロックマンの無題ファンゲーム

entry-13の画像
開発中風景

ロックマンのファンゲームを作成しています。

プロジェクト名やゲームタイトルなどはまだ決めていませんが、現行では最初期バージョンとなるv0.01を作成中です。

カプコンさんの持ち物ですので、配布はしないという前提で作成しているいわゆるお遊びです。
私自身は作る事自体が好きなので勝手にしているという事ですね。

ロックマンについては知っている方もいると思いますが、知らない方のために動画をいくつか貼っておきます。

続きを読む →

【Microsoft SQL Server】レコードを編集した際の日時を登録する


(この記事はSQL Server 向けに編集されたものです。
Oracle DatabaseやPostgreSQLなど他のデータベース環境とは内容が異なる場合があるので閲覧の際はご注意下さい)

データベースのテーブルにレコードを新規追加する際、作成日時や更新日時を自動的に登録する事はよくありますが、今回はその設定方法を具体的にご説明します。

続きを読む →

上手な転び方

七転び八起きという言葉が日本という国にはあるが、八転び九起きという言葉はあまり聞くことはない。この違和感に気が付いたのは私だけなのだろうか?


………。

「七転八起」は失敗を恐れずに突き進む事を意味している言葉ですが、実はこの言葉にはもう一つ秘められた意味があり、世界には失敗をする要因が多くあるという事を表現しています。

私は七転八起の前には七転八倒があると思っています。
人は失敗を避けるために経験を使うとされ、これはRPGゲームなどでも耳にする経験値と私は呼んでいます。

人間は失敗を恐れます。これは人間の祖先が楽をして生活する生物だったからとも言われていますが、今回はこの失敗を最小限に食いとどめるための上手な転び方についてお話してみたいと思います。

続きを読む →

【C言語】ローテートシフト関数を作る

(この記事はC言語(Cとも)用に編集されています。
他の言語が目的の方は内容が相違する場合がありますので閲覧の際はご注意ください)

 

C言語は私も当初高級言語であると認識していましたが、現代においてアセンブラに匹敵する低水準記述ができる特性もあってか、低級言語と呼ばれているそうですね。

逆に私は高級言語と呼ばれるJavaやBasic、C#、Dなどに疎いので基準が良く分からないのですが。

それはよしとして今回はCを使用した汎用のファンクションをご紹介。

ビットシフト系のマイナー関数である、「ローテートシフト」です。

続きを読む →